あんこ&ちゃんこブログ

夫婦でWebデザイン・子育て・デートレポを発信するブログ。

Webデザイナーもコーディングスキルは必要?どのレベルまで覚えれば良い?に答えます

Webデザイナーもコーディングスキルは必要?どのレベルまで覚えれば良い?に答えます

どうも、現役Webディレクターの「あんこ(夫)」です!

今回は「Webデザイナーもコーディングスキルは必要?どのレベルまで覚えれば良い?に答えます」についてです。

デザインは得意だけどコーディングは不得意、あまり興味ないしやりたくないという方におすすめの記事です。

 

 

【未経験者~中級Webデザイナー向けのシリーズ記事】
第1弾:Webデザイナーとはどんな仕事?未経験でも大丈夫?将来性は?すべて答えます

第2弾:Webデザイナーが就活・面接で内定をもらうために絶対押さえておきたい6つのポイント

第3弾:面接で好印象・内定確率を上げるポートフォリオの作り方

第4弾:給料・年収の不安を解消!お金に困らずにWebデザイナーをやる方法

第5弾:Webデザイナーが「残業無し・定時あがり」で仕事をするコツ

第6弾:デザインの表現力を格段に上げるたった2つの習慣!

第7弾:このデザイン最初からやり直し!と言われないようにする方法

第8弾:デザインセンス不要!「デザインが不得意な人向け」Webデザイナーの必勝法

第9弾:Webデザイナーもコーディングスキルは必要?どのレベルまで覚えれば良い?に答えます

第10弾:Webデザインとコーディングの両方をやりたい人におすすめの勉強法

第11弾:ホームページ案件受注~納品までに必要なスキルと手順のすべて

第12弾:Webデザイン好き、という最強の武器があれば何も心配いらない説(2018/11/14 公開)

  

では、本題へ入ります!

 

サイト制作の依頼側はコーディングまでやって欲しいのか?

コーディングが不得意だったり、興味がなかったらやりたくない人もいて当然ですね。

でも依頼側がどう思っているのか気になりますよね。

 

私は現役Webディレクターとして、普段からデザインやコーディングを外注しているためリアルな意見が言えるかなと思って書きます。

 

理想」で言えば、デザインもコーディングも両方がプロフェッショナルな人であれば嬉しいです。

 

だって、別々の人だった場合は2回も案件の概要を説明することになり、ディレクション工数が増えてしまうので。。

 

それにコーディングを意識したデザイン設計をし、逆にデザインの意図をよく分かっていてコーディングするのでやり直し工数が減ります。

 

理想は上記のとおりですが、オールラウンダーでパーフェクトな人だと単価が高いこともありますし、デザイン会社にコーディングまで頼んだらボロボロに崩れている事件も良く見ているので、私はデザインとコーディングを別々に外注する方向で考えています。

 

別々に発注するメリットとしては、例えばコーディングを専門とする制作会社の場合、サーバー通信を必要とするJSやPHP、Javaまで一部やってくれる会社もあります。

より専門的なところで実力を発揮してくれたりします。

 

また、頼みたい案件は沢山あるので、この案件はあの人へ、この案件はあの人へ・・

リソース不足にならずに同時で何案件も進めることができます。

 

こんなような事情から考えると、Webデザイナーが必ずしもコーディングスキルまで求められるということはないと思います。

 

企業方針や発注者の意向によって求められる範囲が変わると思います。

 

自分自身はどうしたいのか?

コーディングは不得意だからやりたくないとか、興味がないからやりたくないということであれば、やらなくても良いと思います。

 

ただ、コーディングもできるようになると意外と楽しくなったりしますので、興味があるなら一度頑張ってみるのもアリかもしれません。

 

デザインもコーディングも「作る」という共通点があるので、好きになる人は多い印象です。

 

また、経験が浅いうちは自分がデザインとコーディングどっちが得意なのかわからない人も多いと思います。

 

そういった場合もとりあえず両方共やってどちらが伸びるか試してはいかがでしょうか。

 

1~2年くらい続けていればどちらが得意か見えてくると思います。

 

僕はどちらかというとコーディングの方が得意だなと気づきました。

ちなみにデザインはイラストを作るよりもユーザビリティを考慮した設計の方が得意です。

 

コーディングまでやるとしたらどのレベルまで覚えれば良いか?

デザイン業務が7~9割の人は、HTMLのaタグのリンク変更、imgの画像差し替え、文言修正くらいが出来れば十分良いと思います。

崩れてしまった場合はコーダーの人にパスしちゃいましょう。

 

デザイン業務が5~7割の人はHTMLのマスターは必須ですね。

さらに様々なパターンのレイアウトをCSSで組めるレベルになれば活躍出来ると思います。

 

コーダー、マークアップエンジニアでは無いので、ちゃんとデザイン業務がまっとう出来ていればJavascript、Wordpress、PHPなどは覚えていなくても仕事にはなります。

 

HTMLに関してははすぐ覚えられるので、コーディングが不得意な人でも更新をやっている人は多いです。簡単ですので覚えてしまいましょう。

 

HTML/CSSのおすすめ勉強サイトはこちら。

HTMLタグリファレンス(目的別)

スタイルシートリファレンス(目的別)

 

いまどきの方には古過ぎるかな?w

意外と上記のサイトは本の様にまとまっていて覚えやすかったです。

 

いまはProgateとかドットインストールなどの学習サイトもありますので、自分のやりやすい勉強法で覚えてしまいましょう。

 

 

以上、「Webデザイナーもコーディングスキルは必要?どのレベルまで覚えれば良い?に答えます」でした!

 

【お知らせ】

ツイッターでもWebデザイナー&Webディレクター&マークアップエンジニア向けに呟いていますのでフォロー&お声がけ頂けると嬉しいです( ´▽` )ノ

あおさん@Webディレクター (@anko_aosun)

 

おわり!あんこ(夫)